NEW ♭ いぶきエアストーン 30φ×150 #150 6個 7629円 ♭ いぶきエアストーン 30φ×150 #150 6個【♭】 ペット・ペットグッズ 熱帯魚・アクアリウム 水槽・アクアリウム フィルター・エアレーション器具 エアストーン NEW ♭ いぶきエアストーン 30φ×150 #150 6個 7629円 ♭ いぶきエアストーン 30φ×150 #150 6個【♭】 ペット・ペットグッズ 熱帯魚・アクアリウム 水槽・アクアリウム フィルター・エアレーション器具 エアストーン ペット・ペットグッズ , 熱帯魚・アクアリウム , 水槽・アクアリウム , フィルター・エアレーション器具 , エアストーン,6個【♭】,#150,7629円,いぶきエアストーン,/Baluchi1094987.html,♭,30φ×150,waon-law.com ペット・ペットグッズ , 熱帯魚・アクアリウム , 水槽・アクアリウム , フィルター・エアレーション器具 , エアストーン,6個【♭】,#150,7629円,いぶきエアストーン,/Baluchi1094987.html,♭,30φ×150,waon-law.com

NEW ♭ いぶきエアストーン 30φ×150 専門店 #150 6個

♭ いぶきエアストーン 30φ×150 #150 6個【♭】

7629円

♭ いぶきエアストーン 30φ×150 #150 6個【♭】






■いぶきエアストーンの特徴
・エアストーン全体からムラなく均一に出る細かい泡で、水槽内にすばやく酸素を供給することができます。

・好気性(酸素が好きな性質)の硝化バクテリアの働きも一層活発になり、水質も良くなります。

・1200度の高温で焼結したセラミック製品ですので、丈夫で形崩れすることがありません。

・適度な重量があり、水槽内で水中で動き出す心配もありません。

★使用前に水に浸けて下さい!

製品の中に空気が残った状態のままでエアを送ると空気が残っているところはエアが通りやすいので、そこからばかり泡が出ることになってしまいます。
水に浸けて製品の中に残っているエアを全部抜いてください。


■30φ×150の特徴
・業務用の本格派エアストーンです。
・セラミック部分の直径は約30mm、チューブの差込口まで含めた長さは約190mmです。
・直径が30mmと大きいですが、逆にその分広い範囲からきれいに泡を出してくれます。
・両端のプラスチックパーツが大きく、底砂などに接することがないのでその部分の泡が大きくなったりすることもありません。
・市販のボックスドライバーで製品を分解することが可能ですので、セラミック部分のみ洗浄することで再生が可能です。
・ホース差込口は竹の子状で、内径4~5mmのホースを差し込むことが出来ます。

■製品仕様
品名  30φ×150 #150
製品寸法直径約30mm×長さ約190mm
製品重量約350g
ホース差込口内径4~5mmのホース用

■#の数字について
#の後ろの数字は泡のセラミックに空いている孔の細かさを表しています。

ただしこの数字は、例えば#100というのがセラミックに空いている平均気孔径100ミクロンということではなく、原材料に起因した番号です。
参考までに#100の場合、平均気孔径は約20ミクロン前後です。

#の後ろの番号が大きくなれば製品に空いている孔の大きさは小さくなり、泡も細かくなります。
逆に#の後ろの数字が小さくなれば製品に空いている孔は大きくなり泡も大きくなります。


■エアポンプ風量との関係
どのエアストーンにどの風量のエアーポンプがいいかということはエアストーンのサイズはもちろん、水深とも大きく関係します。

例えば、風量が1000ccのエアポンプでも、水深20cmでお使いになるのと水深40cmでお使いになるのでは実際の風量が大きく変わりますので、その点もご注意下さい。


鯉 錦鯉池 錦鯉水槽 金魚池 金魚水槽 エアーストーン
錦鯉販売 錦鯉通販の大谷錦鯉店
鯉 錦鯉1匹より販売 水槽錦鯉も販売中

♭ いぶきエアストーン 30φ×150 #150 6個【♭】

新型コロナウイルス感染拡大予防措置のための当社対応に関するお知らせ 

新着記事

オージーメディアは3種類

介護やリハビリの不満を解決しましょう。

介護・リハビリ機器の専門メーカーだからわかる。研究成果や専門医、現場からのアイディアを紹介。

の記事をもっと読む

介護・高齢者施設運営のヒントをさまざまな視点から

介護入浴機器・リハビリ機器メーカーのオージー技研が、専門家を交え、多くの課題解決の情報をお伝えしています。

の記事をもっと読む

整形外科クリニック・リハビリ病院経営のヒントをさまざまな角度から

特殊入浴装置・リハビリ機器メーカーのOG技研が、専門家を交え、多くの課題解決の情報をお伝えしています。

の記事をもっと読む

オフィシャルサイトとオンラインストア